TOP 60歳以上のシニアの方向け『求人サイトの見方と活用方法』

60歳以上のシニアの方向け『求人サイトの見方と活用方法』

60歳以上のシニアの方向け『求人サイトの見方と活用方法』

長年勤めた会社を定年退職され、第2の人生を歩まれている60歳以上のシニアの方に良い仕事と巡り合って頂く事を目的に求人サイトの見方や活用方法を詳しくお伝えします。

このページでは求人サイトの見方や活用方法について詳しくお伝えしていきます。

 

求人検索や就職活動(就活)でこんな経験や思いはありませんか?

  • 『年齢不問』と求人情報に記載されていながら実際は若者しか採用されない
  • ハローワークにある求人検索用のパソコンの操作が分からない、使いづらい
  • 求人サイトの略語や用語の意味が分からない
  • 応募しても何の音沙汰もなく何週間と放置される
  • 今までの職歴や積み上げてきたスキル、キャリアに敬意が払われない
  • ハローワークで何十件と応募しても書類選考で落とされる
  • 40数年ぶりだと履歴書の書き方や自己アピールの書き方が分からない
  • 60歳からの就活に役立つスキルや資格を身に付けたい

現状の制度や企業の対応に多くの方が不安や憤り、悩みを感じているのではないでしょうか。

私はあなたや60歳以上のシニア世代の方々に敬意を払わない対応に我慢なりません。

  • 長年、企業に社会に貢献してこられたあなた
  • お子さん、お孫さんを立派に育て上げたあなた
  • 生涯現役でありたいと願うあなた

このサイトを通してお読み頂いているあなたや60歳以上のシニア世代の方が、第2のキャリアをスタートするお力に少しでもなれたら幸いです。

60歳以上のシニア就活にハローワークが使えない理由

退職して再就職先を探そうと考えた時、まずはハローワークに出向くのではないでしょうか。しかし、ハローワークはシニアの方の就活にオススメできません

なぜなら、、、

ハローワークと民間企業が運営する求人サイトの違い
ハローワーク 民間企業の運営する求人サイト
60歳以上のシニア求人数 見た目上は非常に多くの『年齢不問』の求人がある。 サイトにより異なりますが、都市圏、地方を問わず多数の60歳以上のシニア歓迎の求人がある
サイトの操作性 非常に操作性が悪く、使いづらいサイトの作り。 利用者の立場に立った利用しやすいサイトの作り
応募までの手順 自宅で良い求人を見つけても応募はできません。まずは最寄りのハローワークへ行き、1時間ほど待ち、紹介状を発行してもらう必要があります。 良い求人を見つけたらすぐに応募できます人気求人ほど応募のスピードが合否に影響を与えます
募集企業の採用に対する意識 無料で求人を掲載できる為、採用に積極的でない企業が多数存在する 有料で求人を掲載している為、今すぐに人材を採用したい企業のみが存在する。採用に対する真剣度が高い。
『年齢不問』の意味 法律で定められている為、形式上は「年齢不問」とうたう求人が多いが、実際は書類選考で落とすケースが多数 本当の意味での「年齢不問」の企業が多数存在する。中には条件を満たす応募者とは全員面接を実施する企業ある。
企業の応募時の対応 私の父や周りの方の話しを聞く限り、残念ながら応募者に対して何の連絡もせず何週間と放置するなど適切な対応を怠る企業が存在します 民間求人サイトでは、企業が応募者に適切な対応を取っているかチェックしている為、放置される事はまずあり得ません。

このように民間の求人サイトと比較した場合、ハローワークは利便性の問題点や今すぐに定職に就きたい求職者と企業の間の隔たりがあります

なぜ、ハローワークがシニアの就活(求人)に使えない理由については、こちらでさらにハローワークが抱える問題点について詳しくまとめています。

シニアの就活にハローワークが使えない理由の詳細はこちら

上記リンクをクリックまたはタップすると別ページで開きます。


シニア世代の方に人気の職種と就活に役立つ資格

60歳以上のシニア求人が多く人気の7職種の仕事内容を紹介しています

退職を機に、新たな業種の職種にチャレンジしたいとお考えの方もいらっしゃると思います。でも求人の詳細だけでは仕事のイメージがしにくいのではないでしょうか

こちらのページではシニアの方に人気の7職種(清掃、警備員、管理員、ドライバー、営業・事務、軽作業、フード・飲食)の仕事内容や活かせる経験や資格、待遇について詳しくまとめています

 
シニア世代に人気の職種と仕事内容の詳細はこちら

上記リンクをクリックまたはタップすると別ページで開きます。


60歳以上のシニア世代の方の就活に役立つ資格5選

また、こちらでは受験資格に年齢や学歴、実務経験を問わず60歳から取得できるシニアの方に人気の5つの資格(電験三種、宅建、マンション管理士、第二種運転免許、介護職員初任者研修)を紹介しています。

各資格を取得する事で採用や待遇面で有利になる職種、資格取得の難易度と取得にかかる大まかな費用、資格の勉強ができる施設(学校)や通信講座を紹介しています。

 
シニア就活に役立つ資格一覧の詳細はこちら

上記リンクをクリックまたはタップすると別ページで開きます。


求人サイトでよく使われる用語や略語と募集要項の見方、履歴書の書き方を分かりやすく解説

求人サイトを見るのは40数年振りという方も多いかと思います。

その求人用語はこんな意味です

こちらのページでは、求人サイトでよく使われる無期雇用派遣や請負(うけおい)と言った求人用語。

週2~3や短期と言ったよく使われる求人略語の意味を解説しています。

 
よくある求人用語を詳しく解説の詳細はこちら

上記リンクをクリックまたはタップすると別ページで開きます。


60歳以上のシニア向け求人の募集要項を見る際の注意点と抑えておきたいポイント

このページでは、『週休二日』と『完全週休二日』の違いなど募集要項にある項目の意味と抑えておきたいポイントの解説、アルバイトする際に知っておきたい権利・補償・税金についてお伝えしています。

 
募集要項の見方の詳細はこちら

上記リンクをクリックまたはタップすると別ページで開きます。


60歳上のシニアの方向け履歴書の書き方

こちらのページでは、履歴書作成前の下準備や作成時に押さえておきたいポイントを解説しています。履歴書で最も重要な志望動機と自己アピールの書き方をお伝えしています。

こちらのページを参考に採用担当者の心を惹きつける自己アピールを作成して下さいね。

 
60歳からの履歴書の書き方の詳細はこちら

上記リンクをクリックまたはタップすると別ページで開きます。

シニア向け求人の豊富な優良求人サイトの登録方法の一覧

求人サイトの見方と活用方法のコンテンツ一覧


60歳以上のシニア求人数が豊富なサイトBEST3

60,65,70歳以上のシニア歓迎求人が豊富なサイト3選

【免責事項】当サイトは、管理人が個人的に情報収集した内容を基に作成しています。サービス内容に関する最新の情報は各サイトにお問い合わせください。

運営者情報