TOP 求人サイトの見方と活用方法 シニア就活に役立つ資格一覧

シニア就活に役立つ資格一覧

60歳以上のシニア世代の方の就活に役立つ資格5選

このページでは60歳から取得できるシニア就活に役立つ資格を5つ厳選してお伝えします。

お伝えする資格は受験資格に年齢や学歴の制限がなく実務経験を問わない資格です。

せっかく資格を取得しても仕事がなければ意味がありません。ですので60歳以上のシニア向け求人が地域を問わずある事を前提としています。

各資格を取得する事で採用や待遇面で有利になる職種、資格取得の難易度と取得にかかる大まかな費用、資格取得の勉強ができる施設(学校)や通信講座について詳しくまとめています。

下記の資格一覧よりお知りになりたい資格をクリックまたはタップして頂くとページ内の詳細まで一気に飛ぶことが出来ます。

 

電験三種(電気三種、第三種電気主任技術者)

60歳以上のシニア世代の方の就活に役立つ資格「電気三種」

電気主任技術者とは発電所、変電所、工場、病院、ビルなど事業用電気工作物の工事や維持、運用に関する保安の監督者の事を言います。

電気保安のスペシャリストです。

以下の3つに区分けされ、扱える事業用電気工作物の電圧が異なります。

 

第一種電気主任技術者

全ての事業用電気工作物

第二種電気主任技術者

17万ボルト未満の事業用電気工作物

第三種電気主任技術者

5万ボルト未満の事業用電気工作物。ただし出力5千キロワット以上の発電所を除く。

電験三種でほとんどの事業用電気工作物がまかなえると言われるほど需要のある資格です

具体的な難易度は後ほど詳しくお伝えしますが、工業高校の電気科を卒業しているから安心といった簡単な試験ではありません。

採用、待遇面で有利になる職種

電験三種は食べる事に困らない資格と言われるように非常に需要のある資格です。

シニアの方の求人でも同様で採用、資格手当や昇給など待遇面でも好待遇が期待できます

電験三種の資格を活かし、ビル管理の仕事をされる方も多いようです。

電気設備を設けている事業主は、工事や保守、運用の保安の監督者として事業規模にあった有資格者を選任することが法令で義務付けられています。

資格取得の難易度と大まかな取得費用

電験三種の難易度は工業高校の電気科を終了したレベルとされますが、合格率は例年10%を切る高難関試験と言えます。(平成27年度は合格率が7.7%)

ただし電験三種は一次試験のみの4科目(理論・電力・機械・法規)で、科目別合格制度となっています。科目別合格の有効期限が3年なので3年間かけて合格科目を積み重ね、資格取得を目指す事ができます。

電験三種の受験料(受験手数料)はインターネット申し込みの場合が4,850円、郵便申し込みの場合が5,200円となっています。

全科目に合格した場合は免状の交付申請のために交付手数料2,350円が別途必要となります。

資格の勉強ができる施設(学校)や講座

書店には電験三種の関連書籍や問題集が多数あり、独学で勉強することも可能ですが、あまりお勧めできません。

試験に出題される範囲を繰り返し解く事が合格への近道になります。その為には電験三種の講座(通信講座)で試験対策を行う事が効果的です。

66歳以下の方の場合は、厚生労働省が実施する「教育訓練給付制度」を利用できる可能性があります。この制度を利用すると講座受講費用の20%に相当する額の給付を受ける事ができます。詳細は最寄りのハローワーク窓口にお問い合わせ下さい。

オススメの電験三種の合格講座はこちら

上記リンクをクリックまたはタップすると別ページで開きます。


宅建(宅地建物取引士)

60歳以上のシニア世代の方の就活に役立つ資格「宅建」

宅建(宅地建物取引士)とは不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な不動産のスペシャリストです。毎年20万人近くの方が受検する人気の国家資格です。

採用、待遇面で有利になる職種

不動産取引を行う事業所では、事務所ごとに従業員の5人に1人以上の割合で宅建士を置くことが法律で定められています

宅建士の資格は年齢を問わず採用、資格手当てなどで好待遇を受ける事ができます。

資格取得の難易度と大まかな取得費用

毎年1回10月の第3日曜日に実施される宅地建物取引士資格試験(宅建試験)は四肢択一のマークシート形式で計50問出題されます。(登録講習修了者は45問)

受験手数料は7,000円となっています。

宅建の合格率は例年15~17%で推移しています。平成27年度の合格率は15.4%で3万人を超える方が合格しています。

資格の勉強ができる施設(学校)や講座

宅建は日本で最も人気のある国家資格の一つと言えるほど多くの方が受験されるので関連書籍や講座が多数あります。

数ある講座の中でも『ユーキャンの宅地建物取引士講座』がオススメです。

ユーキャンの宅建講座の受講者のうち初学者が74%を占める事や60歳以上の方の合格者を出している実績からも分かるように、初めて宅建の勉強を始めるシニアの方に配慮された講座です。

ユーキャンの宅地建物取引士講座の詳細はこちら

上記リンクをクリックまたはタップすると別ページで開きます。


マンション管理士

60歳以上のシニア世代の方の就活に役立つ資格「マンション管理士」

60歳以上のシニアの方に人気の資格「マンション管理士」とは専門知識をいかし、マンション管理組合の運営、建物構造上の技術的問題、維持・管理に関してマンション組合や住民の相談に応じてアドバイスや指導を行うマンション管理のエキスパートです

 

採用、待遇面で有利になる職種

マンションの耐震化や高齢者・障害者の方が安心して暮らせるようにバリアフリーを施す必要性の高まりから今後ますます需要が高まると考えられています。

今までの経験やキャリアがいかせる事もあり、資格を取得して独立・開業する事も可能です。

資格取得の難易度と大まかな取得費用

マンション管理士試験は毎年1回、11月の最終日曜日に実施されます。合格率は例年7~8%で推移し平成27年度は8.2%で千人を超える方が合格しています。

受験手数料は9,400円で、試験は四肢択一の50問出題されマークシートで解答します。

資格の勉強ができる施設(学校)や講座

管理業務主任者の有資格の場合、マンション管理士試験で5問免除されるため、3割ほどの方が先に管理業務主任者を取得しています

そこで当サイトでは一つの講座で両方の資格を取得を目指せる『ユーキャンのマンション管理士・管理業務主任者講座』をオススメしています。

7か月で効率よく勉強をし2つの資格の合格を目指せる事や専用の教材がイラストや図解を交えて分かりやすく解説してくれる点で学習しやすい所が良いです。

マンション管理士・管理業務主任者講座の詳細はこちら

上記リンクをクリックまたはタップすると別ページで開きます。


第二種運転免許

60歳以上のシニア世代の方の就活に役立つ資格「第二種運転免許」

第二種運転免許はタクシーや運転代行などお客様を乗せて運転する際に必要となるプロドライバーの必須免許です

最近では免許合宿で第二種免許を取得される方が増えています。

合宿の場合は最短8日で取れるなどタクシードライバー職をお探しの方に人気を集めています

採用、待遇面で有利になる職種

タクシードライバー職の求人に応募する際、普通免許のみの方と比較して採用や給料面の待遇で優遇を受ける事ができます。

資格取得の難易度と大まかな取得費用

所持免許や教習所により異なりますが、第一段階、第二段階を合わせ学科が19時間、技能が21時間という内容になっています。

普通免許(第一種運転免許)をお持ちの方が教習所通いに比べ、格安な免許合宿で取得する場合、約21万円(税抜)から取得する事が可能です

資格の勉強ができる施設(学校)や講座

短期間(最短8日)で第二種免許を取得したい方にオススメなのは免許合宿です。

私自身、取得までのスピードの速さ、取得費用の安さから合宿で普通免許を取得しました。

教習所通いで免許を取得した友人は、まず教習を受ける予約を取るまでに時間を要することや費用面でも合宿より10万円ほど高額な事、技能教習の間が空いてしまう事もあり免許取得まで1か月近くかかっていました。

一方、免許合宿の場合はMTの普通免許で取得までに要したのは16日、毎日技能教習を受ける事ができるので上達が早いようです。

私が合宿に通っていた当時も大型免許や二種免許、大型二種免許を取得しに来ているシニアの方が多数いらっしゃいました。

最短8日で二種免許を取得できる免許合宿をチェック

上記リンクをクリックまたはタップすると別ページで開きます。


介護職員初任者研修(旧 ホームヘルパー2級)

60歳以上のシニア世代の方の就活に役立つ資格「介護職員基礎研修」

介護職員初任者研修とは、介護を行う際に必要な基礎的な知識や技術、考え方を理解する事を目的とした介護の入門資格です

資格取得後も実務経験を積むことで介護福祉士などキャリアアップを目指せます。

 

採用、待遇面で有利になる職種

介護職員初任者研修を取得している事で給料など待遇面で優遇を受けられます。

60歳以上のシニアの方向けの介護求人も多く、採用に有利となる事は間違いありません。

資格取得の難易度と大まかな取得費用

介護職員初任者研修の取得には、各地方自体が指定した養成機関が主催する講座を受講(研修時間は130時間)し、修了試験に合格する必要があります

受講期間は通信講座と通学を合わせた学習の場合、約3か月。通学学習の場合で1か月で取得できます。

資格の勉強ができる施設(学校)や講座

研修時間130時間のうちの多くを実技講習を通して介護技術の取得を目指す為、全国で展開している「ニチイの介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」がオススメです。

ニチイなら介護サービスを全国で展開しているのでお住いの地域で現役の介護職員から講義を受ける事が出来ます。

ニチイの介護職員初任者研修の詳細はこちら

上記リンクをクリックまたはタップすると別ページで開きます。


60歳以上のシニア求人数が豊富なサイトBEST3

60,65,70歳以上のシニア歓迎求人が豊富なサイト3選

【免責事項】当サイトは、管理人が個人的に情報収集した内容を基に作成しています。サービス内容に関する最新の情報は各サイトにお問い合わせください。

運営者情報